小児歯科で健康的な子どもの歯|小児歯科で虫歯リスクを小に

歯医者

家庭でできること

子どもの歯の健康をしっかり守るためには、必要に応じて小児歯科へ通うことと、家庭での取り組みとの2つが大切になります。大阪の吹田市では多くの歯科が存在しており、虫歯などの治療だけではなく、正しい予防法を知るためにも訪れることができます。特に子どもの歯の健康となれば、吹田市にもある小児歯科を利用することが大切です。

どんな病気も「かかったときに治療すればいい」というのではなく、予防が大切ですが、こと虫歯に関しては特に予防が大切だと言うことができます。なぜなら虫歯は、かなりの初期でない限りはもう治すことができなくなるからです。そのため、小さい頃から歯のケアについては十分に気をつける必要があり、また、親は子にブラッシングの大切さをしっかり教えていく必要があります。
虫歯を予防するためには、吹田市の小児歯科でも行っているシーラントやフッ素化合物の塗布が効果的です。シーラントは虫歯ができやすい奥歯の溝をプラスチックなどで埋めて虫歯菌を物理的にブロックする予防法で、フッ素化合物の塗布はエナメル質を強化することにより虫歯菌を寄せ付けないようにする予防法です。

ただ、小児歯科でできるこれら予防法をしたからといって、それだけで十分というわけではありません。シーラントはしばらくすると取れてしまう可能性がありますし、フッ素化合物だってずっと歯を保護してくれるわけではないからです。そのため、大切なのは家庭でのブラッシング。毎食後しっかり歯磨きをし、小さいうちは親が仕上げのブラッシングをしてあげることで、子どもの歯の健康をしっかり守っていくことができます。

ちなみに歯のブラッシングの方法は、正しいやり方を身につける必要があります。
ブラッシングはなんとなくやっていれば汚れが落ちていくような感覚がありますが、決してそんなことはなく、その人にあった歯ブラシで正しくブラッシングしなければ虫歯や歯周病のもととなる汚れが残ったままになってしまいます。そのため、吹田市などの歯科や小児歯科へ受診し、歯科医や歯科衛生士の指導を受けて、親子とも正しいブラッシングの仕方を身につけましょう。