小児歯科で健康的な子どもの歯|小児歯科で虫歯リスクを小に

歯医者

虫歯予防のいろいろ

大阪の吹田市の歯科医院には、小児歯科を設けているところもあります。小児歯科であれば子どものことを考えた歯科治療を受けられますので、吹田市で子どもに歯科治療を受けさせるなら小児歯科を設けているところを探してみましょう。
虫歯予防は、改めて言うまでもなくとても大切なことです。一度虫歯になってしまうと、進行を止めることはできても治療することはできないため、普段から予防に努めることが大切です。
子どもに関しては特にそうで、乳歯が虫歯になってしまうと、次に生えてくる永久歯にも影響が出てくることがわかっています。その影響の度合いは、なんと虫歯になる確率が10倍にも膨れ上がるというもの。子どもの頃の虫歯予防がどれだけ大切か、よくわかる数字です。

吹田市などの小児歯科では、子どもの虫歯予防を行うことができます。毎日の正しいブラッシングが予防の基本となりますが、それでものがしてしまう隙を小児歯科にてカバーすることが大切です。
予防法のなかには、まずシーラントというものがあります。シーラントはプラスチックやセメントを使用して奥歯の溝を埋めるものです。奥歯はほかの歯よりも背が低いことが多く、また人によっては溝が深いため、歯ブラシの毛先がしっかり汚れを落とせないことがあります。そのため奥歯は虫歯になりやすい箇所だとされており、シーラントにてカバーしてしまうことが高い予防効果を発揮するのです。

もうひとつ、フッ素化合物を塗布するという予防法があります。フッ素は虫歯に対して非常に有効で、エナメル質から歯に取り込まれることで虫歯菌の働きを抑制する効果があります。そのため、多くの歯科や小児歯科にて推奨されています。
また、虫歯は一度かかってしまうと治ることのない病気ですが、フッ素化合物で治せるケースがあります。最初期の虫歯であれば歯の再石灰化の働きにより治ることがあるので、フッ素化合物でその働きを助けてあげるのです。